【ピアノが向いている性格とは?】シンプルに音楽が好きな人。絶対に諦めずに弾き続ける人はピッタリ♪

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています
ピアノと暮らし

ピアノは、演奏者にとって特別な楽器です。しかし、ピアノが向いている性格とはどのようなものでしょうか?この記事では、ピアノが向いている性格について探求していきます。

 キーポイント
  • ピアノ=音楽が好きかどうか
  • コツコツやればピアノは上手くなる
  • すぐに結果を求めず、頑張れる人は向いている
  • 失敗してもへこたれない
  • 諦めず繰り返し練習できる

あなたはピアノが向いている性格?ピアノと向き合えば振り向いてくれる

ピアノ=音楽が好きかどうか

ピアノを演奏するためには、まず音楽が好きであることが重要です。

 向いている性格
  • 音楽に対する情熱を持っている
  • 根気強く取り組むことができる
  • ピアノ=音楽が大好き

音楽はピアノの魂であり、演奏する楽曲に感情を込めることが求められます。ピアノを弾くことは単なる技術ではなく、心を込めて表現すること。ピアノが向いている性格の人は、音楽に対する情熱を持っています。

また、演奏するためにはコツコツと練習することが必要です。ピアノは短期間で上手になりませんので、コツコツとレベルを上げていけば、どんどん上手くなります。

ピアノを始めたばかりの人は、すぐに結果を求める傾向がありますが、ピアノは時間と努力が必要です。ピアノを続けることで、自分自身の成長を感じることができます。

コツコツやればピアノは上手くなる

継続は成功の鍵。毎日少しずつでも練習を積み重ねが大事です。

ピアノは繊細な楽器であり、指の動きや音の表現に時間と努力が必要。一部ですが、ピアノの上達に役立つ方法は、下記の通り

  • 手のストレッチ:演奏前に手をふにゃふにゃにすることで、指の柔軟性を高める
  • リズム練習:リズム感を養うために、メトロノームを使って練習
  • 音楽理論の学習:音楽理論を学ぶことで、楽曲の構造や和音の理解が深まる

詳細はこちらから、どうぞ

すぐに結果を求めず、頑張れる人は向いている

ピアノを始めたての人は、すぐに上手くなると思い込む人も少なくありません。

しかし残念。ピアノは簡単には上達しません。コツコツと練習を重ねることが必要。根気強く取り組むことができる人は、ピアノに向いています。

また、ピアノを弾くことは、ただ音を出すだけではありません。音楽の表現や感情を伝え、それを音に乗せる。感情豊かに演奏して、やっと一人前です。(ここが難しいんですけどね・・・)

  • 根気強さ:ミスしても、諦めない。根気強く取り組むことができる人は上達する
  • 感情表現力:ピアノは音楽の表現や感情を伝えるための楽器。淡々と弾くだけでは、上手くいきません。
  • 焦らずに取り組む姿勢:「もうできない」とギブアップはNG。焦らずにコツコツと取り組むこと

ピアノを始める前に、自分の性格と上記の特徴が合っているか考えてみましょう。頑張り屋さんであれば、ピアノに向いている可能性が高いです。

ここ大切。ピアノが向いている性格で大事なこと

失敗してもへこたれない

ピアノを練習する上で、失敗はつきもの。しかし、失敗してもへこたれない精神が必要です。

失敗は成長の機会であり、新たな学びを得るチャンス。失敗を恐れずに、前向きに取り組むことが大切です。

また、ピアノの練習は繰り返しの作業です。同じ曲を何度も練習することで上達につながります。

もちろん練習していたら、挫折や困難に直面することもあります。しかし、挫折を乗り越えてやっとゴール=ピアノの楽しみがわかります。ピアノとじっくり向かい合うことです。

諦めず繰り返し練習できる

繰り返し練習、継続的な練習によって、自信もついてきます。練習の際には、下記のポイントに気をつけましょう。

  • 集中力を高める:集中力を高めるためには、静かな環境で練習すること、集中力を鍛えるトレーニングを行うことが有効。
  • 目標を設定する:小さな目標を設定し、達成するたびに自分を褒めることも大切
  • 休憩を取る:長時間の練習は普通に疲れます。疲れを感じたら、適度な休憩を取りましょう

以上のポイントを意識しながら、諦めずに繰り返し練習を行うことで、ピアノの上達に繋がります。

集中力を鍛えるトレーニングは、この本が参考になります。

挫折を乗り越えてやり遂げる人は向いている

ピアノを習う上で、挫折は避けて通れません。難しい曲ばかり挑戦していたら、挫折ばかりです。笑

しかし、挫折を乗り越えてやり遂げることができる人こそ、ピアノに向いている証拠。その先には大きな成果が待っています。

 挫折を乗り越えるポイント
  • 1mmの成長は大きな成長:ちょっと進めたらすごいこと。1mmでも進めたらOK
  • サポート体制:挫折した時には、ピアノ教師や専門家を通じて、アドバイスを受けましょう
  • 挫折からの学び:挫折は失敗ではなく、学びの機会。またそこから成長できます

ピアノを続けることで、自信や充実感を得ることができます。

ピアノが向いている性格。頑張り屋さんは100%向いている

才能ではなく努力

ピアノを上達させるためには、才能よりも努力です。

  • 努力を惜しまずに練習に取り組むことが必要
  • 才能があっても、努力しないと才能は開花しない
  • 練習時間を確保し、毎日少しずつでも練習すること

また、計画的な練習も大切。練習時間を無駄にせず、効率的にピアノの技術を向上させることができます。

努力を惜しまず、計画的な練習を行い、継続的な挑戦。修行みたいな感じですが、ピアノの上達は修行に近いかも(笑)才能よりも努力です。諦めずに取り組んでください。

音楽が好き。大好き。その気持ちが大切

音楽への愛情があってこそ、ピアノを演奏できます。

音楽はピアノの魂であり、演奏者の感情を表現する手段です。ピアノを弾くことは、音楽への愛を深める旅への一歩です。ピアノを通じて、自分の心の声を表現し、音楽と一体化する喜びを感じることができます。

音楽が好きでなければ、ピアノを続けることは難しいかもしれません。なので、苦にならないくらいピアノを好きになりましょう。

  • 感情を込めて演奏する:ピアノは単なる音符の羅列ではありません。自分の感情を込めて演奏することで、音楽がより深く響き渡る
  • 音楽の解釈を大切にする:同じ楽曲でも、演奏者によって解釈は違います。自分なりの解釈を持ち、音楽を表現することが重要
  • ピアノを好きになろう:ピアノと相性が良くなることで、上達速度も上がります

あなたはピアノが好きですか?無理にベッタリ向き合わなくてもいいです。程よい距離でお付き合いをすると、きっと上手くいきますよ♪

 関連記事
この記事を書いた人
pianoの番人

ピアノは不思議な楽器であり、ゴールはありません。弾けば弾くほど人生を変えるきっかけを与えます。子供、大人からでも年齢に関係なく、いつから始めても遅くありません。弾きたいと思ったら今すぐ弾いてみましょう。長いようで短いのが人生。挑戦する時間は限られていますよ。

ピアノと暮らし
piano-gift