【家にピアノがない】それでも習い事は可能【家でできる練習を紹介】

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています
ピアノと暮らし

家にピアノがない。ピアノを持っていないけど、習い事として習うのは可能か?

一応、ピアノがなくてもできる方法はあります。本当は持ってほしいのが本音ですけどね。笑

今回は、家でできるピアノ練習の方法を紹介。指のストレッチとウォームアップ、リズムトレーニング、楽譜の読み方の練習など、様々な方法でピアノの練習をしていきましょう。

 キーポイント
  • ピアノを借りる方法
  • オンラインピアノレッスンの利用
  • 指のストレッチとウォームアップ
  • リズムトレーニング
  • 楽譜の読み方の練習

ピアノを持っていなくても習い事はできる

最終的には、ピアノは1台持つべきです。ですが、今すぐは持てない場合、下記の方法があります。

ピアノを借りる、自宅で練習できる方法

ピアノを借りる、練習する方法は下記の通り

  • レンタルピアノ:多くの地域で、ピアノを一定期間借りることができるレンタルピアノスペースがあります。レンタルピアノスペースの検索はコチラ
  • MIDIキーボード:コンピューターやタブレットと接続して練習。音楽ソフトウェア上で演奏することができるため、オンラインピアノレッスンにも適している。MIDIキーボードの一例M-AUDIO Keystation 61 MK3【MIDIキーボード】
  • 仮想ピアノ:スマートフォンやタブレットにインストールされたピアノアプリや仮想ピアノソフトウェアを使用。これらのアプリやソフトウェアは、タッチスクリーンを利用してピアノの演奏を体験することができる。仮想ピアノの一例オンラインピアニストのピアノレッスン

ピアノを持っていなくても、上記の方法で練習することは、一応可能です。

電子ピアノを使う方法

やはり家にピアノは必要。本物のピアノじゃなくても構いません。本物のピアノに近い電子ピアノを用意しましょう。

電子ピアノを使うことで、手軽にピアノの練習ができます。コンパクトなサイズなので、室内でも場所を取らずに設置が可能。また、ヘッドホンを使用することで、夜間や集中したい時にも周囲の人に気を使わずに練習することができます。

本物のピアノ(アップライトピアノ)がベストですが、最近は、品質の良い電子ピアノがたくさんあります。キーボードよりは全然マシ!自宅で手軽にピアノの練習ができます。

オンラインピアノレッスンの利用

レンタルピアノ、仮想ピアノ、電子ピアノなどを利用して、時間と場所に制約されずに自分のペースで学ぶことができます。

  • 自分の都合に合わせてレッスンを予約
  • 自宅でレッスンが受けれる
  • 通学時間や移動の手間を省ける
  • 遠くに住んでいる先生と簡単にレッスンを受けることができる

オンラインピアノレッスンを受ける際には、良いインターネット接続が必要です。安定した接続環境を整えることで、レッスン中の音声や映像の遅延を最小限に抑えることができます。

家でできるピアノ練習の紹介

指のストレッチとウォームアップ

指のストレッチとウォームアップは、ピアノの練習を始める前に重要な準備。指を柔らかくするストレッチは、下記の通り

  1. 指を前後に曲げる:ゆっくりと指を曲げ伸ばしすることで、指の筋肉をほぐす
  2. 指を左右に曲げる:指を左右に曲げることで、指の関節を柔軟にする
  3. 指を回転させる:指を時計回りと反時計回りに回転させることで、指の関節をほぐす

ウォームアップの一環として、以下の活動を行ってください。

  • 指先を軽く叩く:指の血行を促進し、指の感覚を研ぎ澄ませる
  • 指先をマッサージする:優しくマッサージすることで、指の疲れをほぐすことができる

これらの指のストレッチとウォームアップを行うことで、ピアノの練習により効果的に取り組む準備が整います。

リズムトレーニング

リズムを正確に感じることは、音楽をより魅力的に演奏するための基礎。リズムトレーニングをすることで、自分の内なるリズム感を養うことができます。

 リズムトレーニングの方法
  • メトロノームを使ってリズムを練習する
  • クラップや足を踏むなどの身体を使ったリズムトレーニング

毎日少しずつでも取り組むことで、徐々にリズム感が向上していきます。また、リズムトレーニングは他の楽器の演奏にも役立つため、幅広い音楽活動に活かすことができます。

リズムトレーニングを通じて、自分の音楽の表現力を高めましょう!

楽譜の読み方の練習

楽譜は音楽の言語であり、それを理解することで曲を演奏することができます。

また、楽譜の読み方を練習する際には、下記のポイントに注意

  • ひたすら練習、練習、練習。楽譜の読み方が徐々に身につく
  • 指の動きに注意しながら、正確に楽譜を読み取る
  • 楽譜の構造を理解、曲の構成やフレーズの意味を把握する

楽譜の読み方の練習は時間と努力が必要ですが、継続的な練習によって確実に上達することができます。ぜひ、毎日少しずつ取り組んでみてください!

 関連記事
この記事を書いた人
pianoの番人

ピアノは不思議な楽器であり、ゴールはありません。弾けば弾くほど人生を変えるきっかけを与えます。子供、大人からでも年齢に関係なく、いつから始めても遅くありません。弾きたいと思ったら今すぐ弾いてみましょう。長いようで短いのが人生。挑戦する時間は限られていますよ。

ピアノと暮らし
piano-gift