【独学でピアノを学ぼう】初心者から始める推薦本と順番のガイド

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています
大人のpiano

ピアノを独学で学ぶことは、自分で本を選び、好きなペースでピアノスキルを上げることができます。

しかし、どこから始めればいいのか、どのような本を読めばよいのか、どのように練習すれば効果的なのか・・・本当にあっているのか心配になることもあるでしょう。

今回は、ピアノ学習のための推薦本と、初心者から上級者までの段階に応じて、最適な楽譜を紹介していきます。

推薦本については選んで損のない本を厳選しました。これが全てではないですが、ご参考いただけたらと思います。

【小さくコツコツアップ!】独学でピアノを学ぶための推薦本

【初心者向け】基礎楽譜からスタートする5冊

まずはどんな楽譜を選択したら良いのか?ピアノ経験者から言わせてもらうと、やはり「バイエル」からスタートが一番妥当でしょう。

「あんな簡単すぎる楽譜からスタートなんてやってられねぇよ!」と言う方は、バイエルを飛ばしてもOK。音符が読めて、少し弾ける程度なら、さすがにバイエルは物足りないですからね。

・・・とは言っても、バイエルも大切な基礎楽譜。子供時代は絶対に必須であり、大人でもピアノスキルを上げるのに大切な楽譜です。いやほんと・・・良い練習曲が積まっていますよ。

一応、無視できないので載せさせていただきます。

 標準バイエルピアノ教則本

次にバイエルを卒業してからの必須な楽譜は、下記の通りです。

 全訳ハノンピアノ教本 ブルクミュラー25の練習曲 ツェルニー30番練習曲 リトル・ピシュナ:48の基礎練習曲集

ここに載せているのは、バイエルが終わった後に使用する教材を紹介しています。

バイエルの途中でもスタートは可能ですが、無理に併用する必要はありません。1つずつコツコツこなしながら、じっくりやっていきましょう。

急に音符が小さくなり、難易度が上がったと感じる人は、もう1回バイエルに戻ってもOK。戻ると言っても、90番〜で練習しましょう。(さすがに1番に戻るのは不要です・・・。)

これらの教本は、指の独立やリズム感、あとは音符や音階の理解、全て基礎的な技術を身につけるためのものです。

練習を通じて徐々に難易度を上がりますが、どんどん成長している証拠ですよ!

【中級者向け】演奏スキルをさらにレベルアップ!3冊

中級者になると、音符や音階、リズムなどある程度理解できたレベルです。

中級者でもやってほしいのは、ハノンですね。あれは上級者になっても・・・いやずっと必要な楽譜です。あれは指運動に必要な楽譜なので、外せません!

ハノンもやりつつ、中級者からは下記の楽譜に取り組みましょう。

音楽に表現力をつける曲、物語を理解するような曲が中心です。

 リスト:シューベルトの歌による13のピアノ小品集 バッハ インベンション モーツァルト:ピアノアルバム

有名な作曲家の楽譜を抜粋してみました。

これが中級者向け??と驚いた方、大丈夫です。ピアノ初めて1年でこのレベルは不可能です。何年に弾き続けて基礎を弾きこなした後に、演奏できるレベルなのでご安心ください。

さすがに経験者の私でも、ここら辺は1曲、1〜2ヶ月練習しないと弾きこなせません。あと、ただ演奏スキルを上げるだけでなく、表現力も磨く必要性があります。

表現力や物語を理解するには、たくさん曲をこなさないと身につかない分野なので、たくさん経験値をアップしていきましょう。

【上級者向け】難易度の高い曲に挑戦する3曲

上級者になると、ピアノの演奏はさらに深みを増します。難易度の高い曲に挑戦することで、技術だけでなく表現力も磨いていきます。

ここからは挑戦ですね。技術と表現力=感情の深さが必要になってきます。

上級者が挑戦すべき曲は、下記の通り

 2つのラプソディー Op.79 第1番:ブラームス 水の戯れ:ラヴェル ピアノソナタ 第23番 Op.57「熱情」:ベートーヴェン

上記は全て、Amazon music unlimitedから聴くことができます。

発表会やコンクールに最適な曲♪・・・と言っても簡単に弾ける曲ではありませんが、ピアノ演奏者としては是非挑戦したい曲。あえて載せませんでしたが、「ラ・カンパネラ」もやりがいのある曲ですね!

上級者らしい難易度であり、高度な技術と表現力を要求します。上級者のピアニストにとって、上記の曲は演奏スキルを高める絶好の機会となるでしょう。

【独学なりの習慣化】練習方法と環境を整える

毎日の練習ルーティンを確立する

ピアノを日常のルーティンに組み込むことは、上達への第一歩であり、毎日少しずつでもピアノに触れる習慣を作るためには、練習環境を整えることが重要です。

冒頭で紹介した楽譜本を活用して、練習の順番を決めることが良いね。初心者から上級者まで、段階に応じた楽譜本を選んで、計画的に学習を進めるのが効率的だよ。

 練習の順番を決めるポイント
  • 基礎から学ぶなら、バイエルあたりの楽譜本を選択
  • 演奏スキルを向上させるには、偉大な作曲家の練習曲を選択
  • 難易度の高い曲に挑戦したい場合は、演奏スキルと表現力が磨ける楽譜本を選択

練習環境を整え、計画的に練習を進めることで、ピアノの上達を実感できるでしょう。

効果的な練習のためのテクニック

ピアノを独学で学ぶ際には、ルーティーンや練習方法もありますが、大切なのは自分のペースで進めることが成功の鍵です。

初心者の方は、無理をせず、楽しむことを忘れずにコツコツと練習を積み重ねましょう。練習時間を短くても良いので、毎日続けることが大切ですよ。

 効果的な練習ができるテクニック
  • 練習前には必ず手を温めて、指の準備運動を行う
  • 練習曲は難易度が徐々に上がるように選ぶ(無理はしない)
  • 録音機器を使用して自分の演奏を聞き返し、改善点を見つける
  • メトロノームを使ってリズム感を養う

モチベが下がる原因は、慣れた曲ばかり弾いていること、急に難しい曲に挑戦することがあります。

ピアノを上手く弾けるコツは、一歩ずつピアノの階段を登るような感じ♪2〜3段跳びはしなくていいので、ゆっくり一歩ずつ難易度の高い曲に挑戦していきましょう。

最初は大きな音符の楽譜からスタートして「こんなの簡単すぎる〜」と思っても段々難しくなると、人は嫌になって最後はやめてしまいます。

そうならない為にも一歩ずつ、時間をかけて練習する必要があります。

例えば、株式投資の勉強は積極的にできても、ピアノの練習になると「いや、こんな子供が習うような練習したくないよ」と言う人がいます。そんな人はすぐに挫折する傾向あり。何が言いたいかと言うと、ピアノは見栄やプライドを守っても、上手くはならないと言うことです。

ピアノ以外にも、何歳から挑戦しようが最初は1年生からスタート。何よりも自分自身の情熱と継続する意志=メンタルが大事です。

ピアノの世界は奥深く、学びがいがあります。期限はないので、初級〜中級〜上級とできるところまで、楽しんで走っていきましょう!

 気分転換に♪クラシック以外の最適な楽曲はコチラ 年齢の壁を気にしてしまう方はコチラ
この記事を書いた人
pianoの番人

ピアノで人生は変える不思議な楽器。年齢に関係なく始められます。始めたいと思ったところからスタート!挑戦、達成、癒し、ピアノはずっと寄り添ってくれます。弾きたいと思ったら今すぐ弾いてみましょう。長いようで短いのが人生。挑戦する時間は限られていますよ。

大人のpiano
piano-gift