【ピアノ伴奏が怖い】プレッシャーに勝つ方法、緊張しない方法、間違えたときどうすればいい?

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています
ピアノと暮らし

「ミスしたらどうしよう・・・」ピアノ伴奏は多くの人にとってプレッシャーを感じるもの。

緊張による失敗や間違えることは避けらませんが、対処法を知ることで、ミスしても自信を持って伴奏することができます。ピアノ伴奏のプレッシャーを克服する方法、そして間違えたときの対処法について紹介します。

 キーポイント
  • プレッシャーの原因を理解する
  • 緊張を和らげるための準備をする
  • リラックスできる練習方法を取り入れる
  • 間違えても動揺しない
  • 間違えても気にしないメンタルを持つ

ピアノ伴奏のプレッシャーとは何か

プレッシャーの原因

ピアノ伴奏におけるプレッシャーは、さまざまな要素から生じます。

  • 自分自身の期待
  • 他人への期待
  • 演奏の難易度
  • 発表会・コンクールなどの舞台の重要性

などなど・・・。また、練習不足や自信の欠如もプレッシャーを引き起こす要因です。

プレッシャーを感じると、集中力がもてなくなり、手が震えたりタッチミスすることも・・・。ミスをすると自分自身に対して厳しい評価をしてしまい、さらなるプレッシャーを感じることになります。

対処法として、プレッシャーの原因を理解することが重要です。

 プレッシャーを克服する方法
  • リラックス:深呼吸や瞑想などのリラックス法を取り入れることで、緊張を和らげる
  • 目標設定:小さな目標を設定し、それを達成することで自信をつけること
  • 練習しまくる:「これ以上もう練習できない」くらい行い、自信をつける
  • サポートを求める:ピアノの先生からサポートを受けて、プレッシャーを軽減する

これらの方法を組み合わせて、プレッシャーに立ち向かいましょう!

プレッシャーを感じる状況

プレッシャーを感じる状況は、99%が本番や人前での演奏です。そりゃ私も緊張しましたよ。

公の場での演奏は、プレッシャーとの闘い。自分の演奏が多くの聴衆に聞かれることや、間違えることが恥ずかしいと感じることが原因です。

また、ピアノのレッスンでもあります。自分の演奏を先生や他の生徒に聴かれたりすると、自分の弱点を指摘される可能性があり。ネガティブな気持ちになりますよね。

プレッシャーの敵は自分。自分は大丈夫!できる!と自信をもつことです。

  • 超絶ポジティブな気持ちをもつ:完璧ではないことや失敗する可能性も含めて、自分を肯定的に受け入れる。自分の能力や成果に焦点を当てることで、プレッシャーを軽減できる
  • とっさの適応力:演奏中に予期せぬ変化やミスが起きても、冷静さを保ちながら適切に対応。パニックにならずに、アドリブで乗り切る適応力をつけるのが◎
  • リラクゼーションで集中力アップ:深呼吸や瞑想、ストレッチ、マインドフルネスなど、心身の緊張を和らげ、集中力を高めるのに役立つ

プレッシャーを感じる状況であっても、適切な対処法を実践することで、自信を持ってピアノ伴奏を行うことができます。

ピアノ伴奏中の緊張を和らげる方法

緊張を感じる理由

ピアノ伴奏中に緊張を感じる理由は色々あり。

演奏の重要なパートや周囲の期待、自己要求などがあります。また、新しい曲や難しいパートを演奏する際にも緊張が高まることがあります。緊張による失敗は誰もしたくないですよね。

緊張を和らげるための準備

ドキドキしながら演奏したら、手もぎこちなくミスしてしまいます。なんとかして緊張を和らげましょう。

 練習とリハーサル

曲を繰り返し練習、演奏することで、自信をつけれます。さらに、実際の演奏状況に近い環境を作り、緊張感を慣れさせると効果的。練習はウソをつきませんよ。

 フィジカルケア

睡眠不足はお肌の大敵+メンタルの敵。十分な睡眠をとり、バランスの取れた食事を摂って体調を整えましょう。自分の身体と心を大切にすることを忘れずに。

睡眠不足は頭も働きませんし、何の良いこともありませんよ。

緊張を和らげる練習方法

緊張を和らげるためには練習しまくると同時に、瞑想ヨガなどのリラックス法があります。軽く運動したり、心を落ち着かせることで、緊張を和らげる効果があります。

プレッシャーや緊張に打ち勝つ方法として、身体を鍛えることも効果的。特にヨガは瞑想も入っているので一石二鳥。ピアノ練習前に気持ちを整える方法としてアリです。

  • うちヨガ+:ホットヨガスタジオLAVAの自宅ヨガバージョン。教室に通わず、自宅で質の高いLAVAのレッスンを受けられる。価格も超低価格(1,980円)、お試しで、1人で気楽にヨガを受けたい方におすすめ。

最後に、ポジティブな思考を持つこともポイント。自分に自信を持ち、成功に向けて前向きな気持ちで演奏しましょう。

最初から諦めてはいけませんよ!!

ピアノ伴奏で間違えたときの対処法

間違えたときの心理的な対処法

間違えたときには、自分を責めてはいけません。間違えたことを気にせず、落ち着いて次に進むことです。

  • 心がザワついても落ち着く:間違えて動揺しても、その動揺を静かに収める
  • やってきた練習の成果を信じる:努力が実を結ぶと信じる
  • 失敗は成功の元:間違いから学び、成長するチャンスと捉える

最後に、間違えても笑顔で対応すること。間違えたからと言って、しょんぼりしてはいけません。悔しい気持ちは、次の演奏機会にぶつけましょう。

間違えたときの即座の対処法

対処法は下記の通り

  1. そのまま演奏を続行:間違いに気を取られずに、次のセクションに集中しましょう。演奏中にミスをすることは自然なことであり、それに焦点を当てずに進むことが大切。
  2. リカバリーのテクニックを使う:間違いが起きた場合、リカバリーして修正することも可能。例えば、音を追加して、間違いを目立たせずに次のパートに進むなど・・・。
  3. グランドピアノを借りて練習する:本番はグランドピアノで演奏するがほとんど。なので、ブランドピアノがある練習室を借りて緊張感に慣れる練習をする。

誰も完璧ではありません。次のチャンスでより良い演奏を目指しましょう。

間違えた後の復旧方法

「あっ間違えた」と心の中で思っても、それを表に出してはいけません。

聴いている側も気付く人がいるかもですが、気にせず演奏しましょう。間違えても、焦らずに落ち着いて対処することが大事です。

先生でもプロでもみんな間違えます。間違えたからと言って死にはしません。演奏できない訳ではありません。止まらず、最後まで弾くことが伴奏者としても使命ですよ。

ピアノを続けていたら、披露をする機会がたくさんあります。経験値を重ねていけば、間違えても「あっ間違えた。まぁいいか。次次!」と開き直れます。てか、落ち込む必要はありませんよ。

間違えてもそれは良い経験。その経験を活かして、次回の演奏に生かしましょう(@^-^)

 関連記事
この記事を書いた人
pianoの番人

ピアノは不思議な楽器であり、ゴールはありません。弾けば弾くほど人生を変えるきっかけを与えます。子供、大人からでも年齢に関係なく、いつから始めても遅くありません。弾きたいと思ったら今すぐ弾いてみましょう。長いようで短いのが人生。挑戦する時間は限られていますよ。

ピアノと暮らし子供のピアノ
piano-gift