【ピアノは安心感を与える場所】 ピアノは不登校の傷を癒せる

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています
ピアノと暮らし

不登校になった理由はどうでもいいです。大切なのは「傷を癒すこと」それだけです。

その傷を癒す方法として、ピアノが効果的です。

  • 心が開放される
  • 精神が安定する
  • 嫌なことを忘れ、自分と向き合うことができる

この記事では、不登校で傷ついた心をピアノで癒す方法について詳しく説明します。

 キーポイント
  • 心を開放し癒し効果あり
  • ピアノは精神安定剤になる
  • 嫌なことを忘れ、自分と向き合える
  • 学校の勉強は大人になるとほとんど使わない
  • ピアノは忍耐、努力、心を落ち着かせる

【ピアノは子供を救う】不登校の傷を癒そう

【心を開放】ピアノは精神安定剤になる

ピアノって不思議な楽器です。モヤモヤした気持ち、イライラした気持ちなど、傷ついた心を開放し、精神を安定させる効果があります。

  • 日常のストレスや不安を忘れる
  • ピアノの音色で心を癒し、リラックスさせてくれる
  • 演奏に集中することで、頭の中がスッキリする

家でゴロゴロしてても、傷は癒えません。そしてどんどんネガティブなことばかり考え「自分はダメな人間だ」と自己否定が始まります。それは絶対ダメですよ!!

一旦、学校のことは忘れてピアノを弾いてみましょう。ピアノの音色をよく聴いて集中してみてください♪

ピアノは1つのことに集中できる

ピアノを演奏するとき、他のことを忘れて、ただ音楽に集中することができます。

 集中力が高まり、心が静まる

「A子ちゃんが〜」・「Bくんが〜」・「先生が〜」と言い続けても何も変わりません。余計にイライラしてさらに悪化します。

ピアノに向かってピアノ蓋を開けましょう。そして鍵盤を触ってみてください。

鍵盤を弾く指先に集中。これで日常のストレスや不安を忘れることができます。弾くことに必死になり、頭のモヤモヤを空っぽにできるのです。

もしそれができなかったら、その曲は目を閉じても弾けるくらい簡単な証拠。もっと難しい曲に挑戦しましょう。楽譜を見ながら一生懸命ピアノに向かってください。

嫌なことを忘れ、自分と向き合える

ピアノを演奏することは、音色に包まれながら、自分自身と向き合い、心を落ち着かせることができます。

演奏することは、精神安定剤=心の安定剤となり、心身のリラックスをもたらしてくれます。

また、ピアノを演奏することは、自己表現の一つでもあります。自分の感情や思いを音楽に乗せて表現することで、内面の感情を解放することができます。

ざわついて、傷ついて、ボロボロになった心。表に出さなかった感情をピアノに乗せて吐き出しましょう。そして少しずつで良いです。心を癒してゆっくり休ませましょう。

ピアノを演奏することで、嫌なことを忘れ、自分自身と向き合うことができます。ピアノは不登校の傷を癒し、心を癒す素晴らしい道具ですよ。

学校が嫌なら行かなくていい。ピアノで人生を変えられる

学校の勉強は大人では使えない

全部が使えないとは言いませんが、大人になってからは学校の勉強はほとんど使えません。しかし、ピアノは一生使えるスキルです。

  • 音楽の知識や演奏技術が身につく
  • 将来にとって大きな財産になる
  • ピアノを学ぶことで、自己表現や創造力も養われる

趣味として、頭の体操として、自分自身と向き合う楽器として役立ちます。

ピアノは学校では音楽しか使えない。大人になっても絶対に必要とは言えない。でもあなたが辛く苦しいとき、ピアノがそばにいます。

好きな曲を弾いて心を落ち着かせる役割、集中して嫌なことを忘れる役割など、自由に楽しく自分らしい演奏するだけで気分が晴れやかになります。

ピアノは忍耐、努力、心を落ち着かせる

ピアノの練習は、一つの目標に向かって取り組むことができる素晴らしい方法です。

練習を通じて自己成長を感じることができ、自信をつけることができます。ピアノを通じて忍耐力や努力を身につけることは、将来の成功にも繋がるでしょう。

 ピアノの練習に役立つポイント
  • 練習時間を定期的に確保する
  • 練習の目標を設定する
  • ピアノの基礎や弾く技術を学ぶ

またピアノは、心を落ち着かせる効果もあります。

テルーの唄などゆったりとした曲を演奏すると、癒し効果があり、日常のストレスや不安を忘れることができます。

ピアノの音色やリズムで心が落ち着き、リラックスできるのです。

他にも癒しの曲はたくさんありますが、私はジブリが好きなので、ジブリが癒しです♪心が落ち着く楽曲を探してみてくださいね(^^)

ピアノを練習する際には、自分自身に対して優しくなること。

練習中にミスをしても、自分を責めずに次に進むことが大切。ピアノは自己表現の一つであり、楽しみながら練習することが1番です。

ピアノは傷を癒し、不登校を解消できる

学校に行けない間は、ピアノに時間を充てよう

学校に行けない、行きたくないならピアノに向かってピアノを弾きましょう。その後どうしたいかは、後で考えれば良いです。

今答えが出ないなら、ピアノに集中しましょう。焦らず慌てず、今はピアノに向かって練習。自分の感情や思いを音楽に込めることで、心の癒しやストレスの軽減につながります。

ピアノの練習は不登校期間中、心の安定や自己成長に繋がる重要な期間です。学校に行かなくてもピアノがあります。ピアノだけでも立派な大人になれるので、大丈夫!

練習に取り組む際には、自分自身のペースで進めることや、楽しむことを忘れずに心掛けましょう。

ピアノは未来を明るく変えてくれる

ピアノを習うことは、子供の未来を明るく変えることができます。

  • ピアノの練習を通じて、自己表現の能力を高めることができる
  • 音楽は、言葉では表現できない感情を伝えることができる
  • ピアノを通じて自分の感情を表現する方法を学ぶことができる

また、ピアノの練習は子供の創造性を刺激することもあります。

自分のアイデアや感じたことを音楽に表現することで、自分自身を表現する力を養うことができます。創造性はデザイナーやクリエイターなど、多角的な視点でアイデアを結びつけることが得意になります。

さらに、ピアノを通じて子供は自己肯定感を高めることも可能。練習の上達で、自分の成果を実感することができるため、自信が持てます。

ピアノは、子供の未来を明るく変えるための素晴らしい道具。運動と同じように1つのことに集中して、ネガティブなことを考えない=ヒマな時間を与えないメリットにもつながります。

ぜひ、ピアノを習うことで子供の未来を豊かにしてあげてください。

ピアノは生涯、最高の趣味として残る

ピアノは、子供の心に深い満足感を与えます。

ピアノを通じて音楽に触れ、単なる趣味ではなく、一生のパートナーとなります。

  • 目的を明確にし積極的に行動できる
  • 多角的な視点を持てる
  • 失敗を恐れずに何度も挑戦する

上記は、大人になっても大切なこと。ピアノは大切なことを教えてくれる楽器です。

  • 時間を決めて練習。1週間以内にマスターする
  • どんな演奏をしたいのか、何を伝えたいのか
  • 間違っても大丈夫。何回も挑戦すれば必ずノーミスで弾ける

こんな感じで、意欲を掻き立ててくれます。

ピアノは人生を豊かにするためのツール。ピアノを通じて学んだ忍耐力や努力は、他の分野でも役立ちます。ピアニストになれなくても、良き人格者として社会から必要とされる人材になれますよ。

ピアノは子供の成長を支え、幸せな未来を築く手助けとなります。

学校に行けない間は、ピアノに時間を充てて、傷を癒しましょう。ピアノを通じて得た経験や感情は、自己成長を促すことができます。

大丈夫!ピアノは心の支えですよ。

 関連記事
この記事を書いた人
pianoの番人

ピアノは不思議な楽器であり、ゴールはありません。弾けば弾くほど人生を変えるきっかけを与えます。子供、大人からでも年齢に関係なく、いつから始めても遅くありません。弾きたいと思ったら今すぐ弾いてみましょう。長いようで短いのが人生。挑戦する時間は限られていますよ。

ピアノと暮らし子供のピアノ
piano-gift