【ピアノ初心者必読】ト音記号とヘ音記号の読み方

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています
ピアノの基礎知識

ピアノの楽譜に必ず出てくる記号、それはト音記号とヘ音記号です。この記号を理解しないと、スタートからつまずき、楽譜が読めません。この記事では、ピアノの基本からト音記号とヘ音記号の読み方までを詳しく解説します。

 キーポイント
  • ピアノの構造を理解することで、演奏がさらに向上
  • 鍵盤の配置や音名を覚えることで、楽譜を読むスキルがアップ
  • ト音記号とヘ音記号は、楽譜のスタート地点
  • ト音記号とヘ音記号の読み方を覚えることで、楽譜を正確に演奏
  • ト音記号とヘ音記号の使い方を理解することで、音楽の表現力を高める

ト音記号の読み方

ト音記号の基本

ト音記号の基本は、楽譜の上に書かれる記号で、音を表す役割を持っています。

  • ト音記号は、楽譜の最初の行に書かれている
  • ピアノの右手の音符を表す
  • ト音記号の読み方は、上から下へと順番に読んでいく
  • ト音記号の音名は、順番にド、ミ、ソ、シ、レとなる

ト音記号を理解することで、楽譜を読むことができるようになります。

下記の表は、ト音記号の音名と対応するピアノの鍵盤の位置を示しています。

ト音記号の音名ピアノの鍵盤の位置
右手の親指の位置
右手の人差し指の位置
右手の中指の位置
右手の薬指の位置
右手の小指の位置

ト音記号の使い方の具体例は下記の通り

  • ピアノの楽譜でト音記号が使われている場合、右手で演奏する音符を読む
  • ト音記号の音名に基づいて、ピアノの鍵盤の位置を押さえる
  • 楽譜の指示に従って、音符を正確に演奏する

主に右手。右手のためにト音記号があると言ってもいいでしょう。

ト音記号の基本を理解し、楽譜を読む練習をすることで、ピアノをより上手に演奏することができるでしょう。

ト音記号の音名

ト音記号の音名について説明します。

ト音記号は、楽譜の上に書かれた記号で、音の高さを表します。ト音記号の音名は、上から順に「ミ、レ、ド、シ、ソ、ラ、シ」。この順番を覚えることで、楽譜を読む際に音の高さを正確に把握することができます。

ト音記号の音名と対応するピアノの鍵盤の位置は、下記の通り

音名鍵盤の位置
C
D
E
F
G
A
B

ト音記号の音名を覚えることで、ピアノを演奏する際に正確な音を出すことができます。

ト音記号の使い方

ト音記号の使い方についての理由と具体例は、下記の通り

理由:ト音記号は楽譜のスタート地点。右手の使い方を理解し、楽譜を正確に読む

具体例:ト音記号は、ピアノの右手の音符を表す記号。ト音記号の上には「G」と書かれており、「ソ」という音を表します。ト音記号を使って、右手の音符を正確に読むことができます。

詳しい説明は、下記の通り

ト音記号の使い方説明
ト音記号の位置楽譜の上に書かれる位置
ト音記号の音名ト音記号が表す音の名前
ト音記号の読み方ト音記号を正しく読む方法

右利きの人にとっては、すぐに覚えられるはず。スラスラ手も進むと思うので、楽譜をきちんと読み込み、演奏していきましょう。

ヘ音記号の読み方

ヘ音記号の基本

ヘ音記号の基本について

  • ヘ音記号は五線譜の一番下の線に書かれる記号
  • ピアノの左手の音符を表す
  • ヘ音記号は、ドレミファソラシドのうち、ヘの音を表す
  • ト音記号と同様、楽譜のスタート地点

左手が主役。具体的には、五線譜の最初のライン(一番下のライン)より上に書かれます。

ヘ音記号の音名

ヘ音記号の音名について、以下のように覚えましょう。

音名読み方
C
D
E
Fファ
G
A
B

ヘ音記号の音名は、ト音記号と同じくアルファベットで表されます。

ヘ音記号は、ピアノの楽譜の下に書かれることが多く、メロディーの低い音域を表します。

メロディーを聴いても、あまり聴き取れない音域がヘ音記号の特徴。アイドルが歌っている音は右手。その歌のメロディー音が左手で弾くって感じですね。

五線譜もト音記号と違うところからスタートなので、最初は混乱するかもしれませんが、慣れれば大丈夫。ヘ音記号の音名を覚えておくことで、楽譜もきちんと読み込み、演奏することができます。

ヘ音記号の使い方

ヘ音記号の使い方について、下記のような理由があります。

  1. 楽譜の五線譜にヘ音記号を描く:五線譜の最初のライン(一番下のライン)より上に、ヘ音記号のベースラインを描く。ヘ音記号の形は、「s」のような曲がりくねった形
  2. 音符をヘ音記号の上に書く:ヘ音記号のベースラインの上に、音符を書きます。音符の位置は、ヘ音記号のベースラインが示す音の高さに対応
  3. 音符の長さを示す記号を追加する:音符の長さを表すために、音符の横に追加の記号を書くこともあり。これによって、音符の長さやリズムが表現される

ヘ音記号の音名と対応するピアノの鍵盤の位置は下記の通り

音名鍵盤の位置
C4
D4
E4
F4
G4
A4
B4

ピアノでは、ヘ音記号を使って左手の低音部の音符を表現します。また、和声の理論やコード進行の分析においても、ヘ音記号が使用されることがあります。

少しずつ理解を深め、楽譜に書かれているヘ音記号の位置、音符の配置など、正しく読み取りながら練習していきましょう。

この記事を書いた人
pianoの番人

ピアノは不思議な楽器であり、ゴールはありません。弾けば弾くほど人生を変えるきっかけを与えます。子供、大人からでも年齢に関係なく、いつから始めても遅くありません。弾きたいと思ったら今すぐ弾いてみましょう。長いようで短いのが人生。挑戦する時間は限られていますよ。

ピアノの基礎知識
piano-gift